ギターの匂いを取る方法

★★★激安楽器店のサウンドハウスがセールをしています↓↓↓

ギターの匂いを取る方法
ギターの匂いを取る方法

エレキギターは独特な古臭い匂いがします。

新品のエレキギターは、塗装やボンドのほんのり甘い匂いがするのですが、20年位たつと、その甘い匂いは取れて、なんだか古臭い匂いがします。

買ったばかりの時はギターから匂いが出ている感じですが、20年物のギターは使用環境における匂いを吸い取ってしまったような感じです。

例えばこんな感じ
・人の汗や油の匂い
・ギターケースについて化学物質の匂い
・タバコやペット、芳香剤などの部屋の匂い
・ラッカーや塗装の焼けた匂い
・金属部分の錆びた匂い

これらが混じった匂いです。鼻を近づけるとなんとも臭い。特に、ハードケースに入れっぱなしのギターを出すと、つーんと鼻に付きます。

弾いている自分も嫌ですが、家族から敬遠されないようにギターの匂いは早めに対処しましょう。そこで、ギターの匂いを取る方法をいくつか紹介します。

1.水拭きする
まずは拭くのが一番ですね。かたく絞った柔らかい布でギター全体を拭き取ります。これだけで少し匂いが取れます。

2.レモンオイルを塗る
市販のレモンオイルを塗ると、ポリッシュ効果がありますし、レモンのいい匂いがつきます。しかし、香りでごまかすのは最後にしましょう。

3.ファブリースをかける
ギターに直接かけることはお勧めしませんが、ギターケースには有効です。ギターケースの匂いがギターに付着する事がありますので。

4.新聞紙でくるんで、数日保管する
新聞紙は匂いを吸収します。新聞紙を広げて、ギターを2重位に包んでハードケースにしまってみてください。数日たつと、新聞紙に匂いがうつり、ギターの匂いが緩和されます。

5.消臭剤を使う
ギターケースの中に消臭剤を入れます。ギターの塗装はデリケートなので化学物質を含んだ商品を使うと変色したりする可能性があるので、筆者は、竹炭と麦茶パックを乾燥させたものを入れています。竹炭は湿気も取ってくれるのでお勧めです。

6.陰干しにする
ギターに日が当たらないように干します。数日干すと匂いはかなり取れます。強烈な匂いがするハードケースは思いっきり天日干しにする事もあります。梅雨時期は匂いも湿気も両方付くので、梅雨の晴れ間や梅雨が明けたらギターを陰干しするといいでしょう。ただし、夜になったら一度しまいましょう。湿気が付く事があります。

7.部品を全て外して磨く
匂いの元を取る、これが一番ですね。弦を変える事はあっても、ブリッジやペグ、ピックアプまで外す事はなかなか無いと思います。2,3年に一度はペグやブリッジ、電気部品などの部品を外して磨くとなんとなく音が良くなった気にもなれます。ついでに弦高やオクターブ調整をすれば、更に愛着が湧いてくると思います。

いかがでしょうか?お金を掛けずに少し工夫するだけで自分にもギターにも優しいことづくめです。ギターの手入れをして快適なギタ―ライフを過ごしましょう。

トップへ戻る