チューナーは何を使えばいい?お勧めは?

★★★激安楽器店のサウンドハウスがセールをしています↓↓↓

ギターの必需品と言えばチューナー。チューナーと言えばギタリストの必需品。ギターの演奏やバンドアンサンブルを行う上で、チューニングは欠かせません。私的チューニングの方法を紹介します。これからチューナーを探そうとしている方に参考になればと思います。

ところで、皆さんはどのような方法でチューニングをしていますか?

音叉 … 最近みかけませんね

… 先日三味線やってる人が使ってました

コンパクトチューナー … 定番ですね

クリップ式チューナー … よく見かけます

ラックマウントチューナー … かなりこだわってますね!

自分の耳 … 「俺は絶対音感を持っているから大丈夫だぜ!」というお方ですね

ローディにお任せ … この幸せ者!

音叉

▲音叉

こうやって見てみると色々な方法がある事が分かりますね。どれが正しいという事はなく、それぞれのこだわりや慣れがあるのではないかと思います。私の知り合いのギタリストは、師匠に「機械を使うと耳の感覚が悪くなるので自分の耳を頼りにしろ!」と教わった人もいます。なるほど、それも大事ですが、ライブの本番やアンサンブルでは、チューニングの環境が良くなく、緊張していますので、機械と自分の耳の両方で確認をした方が良いと思います。

家の中だけで弾いている人はいいですが、外でガンガン弾こうと思うと、携帯性などの実用性も重要になってきます。そこで、「私的チューナーに求める5つの事」をまとめましたのでご覧ください。

私的チューナーに求める5つの事

・チューニングがしっかり合うこと

・携帯時にかさばらないこと

・接続・設定に時間がかからないこと

・ノイズなど、ギターの音質や機能に制限を与えないこと

・ライブでの過酷な環境で使えること

・見た目が悪くないこと

・あまり経費がかからないこと

先ほどのリストに当てはめます。

音叉 … ライブでは聞こえない

… 見た目、ちょっとダサい。。

コンパクトチューナー … 合格

クリップ式チューナー … 合格

ラックマウントチューナー … 持ち運びが不便

自分の耳 … 自信ありません!(きっぱり)

ローディにお任せ … 近い将来に。。(自信なし)

というわけで、コンパクトチューナーとコンパクトチューナーが総じて合格点という事になりました。細かい点をもっと比べてみましょう。

コンパクトチューナー

メリット:大きくて見やすい。お客さんからは見えない

デメリット:ノイズの原因になる

クリップチューナー

メリット:ポケットに入る大きさ

デメリット:外部の振動の影響を受けやすい

クリップチューナー

▲クリップチューナー

このような比較から、私は見た目よりも利便性重視なので、持ち運びが手軽で接続をしなくても良いクリップチューナーを選びました。

クリップチューナーのお勧めはFlanger FT-12C Clip-on Chromatic Tunerです。消しゴム位の大きさで、エレキやアコギはもちろん、ベースやバイオリンまでチューニングができます。気に入っている点は、電源を入れてすぐに立ち上がる事と、LED針の表示が安定している事です。電池の持ちもよく、ギブソンのヘッドは黒が多いので、小さくてい黒いデザインはステージでも目立ちません。

クリップチューナー

Flanger FT-12C Clip-on Chromatic Tunerはデザインを損なわない

KORGやYAMAHAなどの他メーカーのクリップチューナーを使った事がありますが、針がふらふらしていたり、センターが分かりづらかったりします。

精度が悪いのでは?外部影響を受けやすいのでは?という疑問もあるかもしれませんが、今まで不便を感じた事がありません。唯一失敗した事は、Gパンなどのポケットにしまえるため、洗濯しそうになった事です(笑) 直前に気づいて事なきをえましたが、注意が必要ですね。

残念な点は、半音下げなどの細かい調整ができない事です。周波数(セント)の調整はできますが、ロックやポップスでは使わなそうです。逆に、無意識に周波数設定を変えてしまい、音が合わないなんてこともあるので注意が必要です。

長年使っていますが、壊れる事もなく、これからも長く使っていこうと思います。

いかがでしょうか? これからチューナーを探そうとしている方に参考になればと思います。

↓↓↓amazonの口コミをご覧ください。

Flanger FT-12C Clip-on Chromatic Tuner カラーディスプレイ クリップチューナー

新品価格
¥857から
(2018/1/17 12:17時点)

トップへ戻る